2017年1月14日、鈴木信行 「日本領事館前の売春婦像設置で悪評を振りまく釜山市で、最近再浮上した韓日海底トンネル構想で


発言内容日本領事館前の売春婦像設置で悪評を振りまく釜山市で、最近再浮上した韓日海底トンネル構想で、釜山市は調査を開始することを明らかにした。期間は1年で、予算は1億ウォン(約970万円)程度を見込んでいる。 日韓トンネルなどいらない。 徐秉洙釜山市長は平成26年(2014年)、市長選で示した西釜山開発プロジェクト案で「西釜山グローバルシティーグランドプラン」を公表し、日韓海底トンネルの必要性を提案している。 釜山市関係者は 「韓日海底トンネルは経済的側面で有利かどうかよりも、国民感情の問題が大きく作用する事業だ。まず海底トンネル建設が釜山にどのような影響を与えるのかを検討するため、調査を発注した」と説明している。 日韓トンネルの悪夢は、日本から明確に否定すべきだ。日本国内の保守派親韓国派からも時々話が浮上してくるが、必要のない計画だ。 日本列島と朝鮮半島は日本海で遮断されていいた方が安全保障上もよい。 経済的にも道路やレールを繋げる必要は皆無だ。 一部の者どもの利益と満足を与えるに過ぎない。 釜山市が日韓トンネル建設のための調査予算を計上したことは実にバカげているし、無駄に終わらせなければならない。
発言者鈴木信行
所属参議院選挙立候補者
所属団体維新政党・新風
発言日時2017/1/14
発言場所維新政党新風 鈴木信行 公式ブログ
情報源維新政党新風 鈴木信行 公式ブログ 釜山市が日韓トンネルの調査開始?バカな、日本海で遮断すべき道だ!
掲載日時2017/1/14
掲載元URLhttp://ameblo.jp/ishinsya/entry-12238028986.html
事後経過
経過情報源
経過掲載日時
経過掲載URL
補足・解説
差別対象カテゴリー: 発言年: 所属政党: 発言者: