2017年1月18日、中谷良子 「また滋賀県内で、お地蔵さんが盗まれたり、落書きが見つかったり酷くなってきていますが、ただ


発言内容また滋賀県内で、お地蔵さんが盗まれたり、落書きが見つかったり酷くなってきていますが、ただ単にネット上で言われている「朝鮮人ガー」という、いつものただ単なる外国人による器物損壊事件であると、考えるのは拙速だと思います。 あまりにも悪質すぎますし、日本を冒涜するテロ行為です。 私がふと思ったのは、中国共産党が政権を確立した当初、寺を壊し経典を燃やし、僧侶や尼を強制的に還俗させたほか、他の宗教施設の破壊もずっと止めず、60年代には、支那の宗教施設はもうほとんど残っていなかったといいます。文化大革命の時も、思想、文化、風俗、習慣の破壊がなされています。 こういった犯人もまた、そのような共産国の工作員であるという可能性はないでしょうか?私は、その道のプロではありませんし、ただ単なる愉快犯なのか、気のふれた一般外国人(支那・朝鮮系)であるのかわかりませんが、そのような推測も一理あると思いました。
発言者中谷良子
所属大阪府大東市議選立候補者
所属団体無所属
発言日時2017/1/18
発言場所中谷良子のブログ
情報源中谷良子のブログ 滋賀県内で相次ぐ「日本死ね」の落書き犯人像
掲載日時2017/1/18
掲載元URLhttp://ameblo.jp/ryobalo/entry-12238493032.html
事後経過
経過情報源
経過掲載日時
経過掲載URL
補足・解説
差別対象カテゴリー: 発言年: 所属政党: 発言者: