2017年1月18日、小野寺まさる 「現場職員は凶暴な方々に凄まれる事も多々有ります。で、政策として「自衛のためのジャンパ


発言内容〔神奈川県小田原市で2007年以降、生活保護受給者の自立支援を担当する市職員ら六十四人が、「私たちは正義。不正を見つけたら追及する。私たちをだまして不正によって利益を得ようとするなら、彼らはくずだ」」などの趣旨の英文が背面にプリントされたジャンパーを自費で購入し、一部の職員が勤務中に着ていたという事件について〕 現場職員は凶暴な方々に凄まれる事も多々有ります。で、政策として「自衛のためのジャンパーを作る」とすれば、やれ「プライバシーの侵害だ」だの「税金でそんな物を作るのか」だのと沢山の邪魔が入り、結果「自衛策としてのジャンパー」自体を作れなくなり本末転。故に自費にしたのかと思います。
発言者小野寺まさる
所属前北海道議会議員
所属団体自由民主党
発言日時2017/1/18
発言場所Twitter
情報源Twitter
掲載日時2017/1/18
掲載元URLhttps://twitter.com/onoderamasaru/status/821633503364313088
事後経過
経過情報源
経過掲載日時
経過掲載URL
補足・解説
差別対象カテゴリー: 発言年: 所属政党: 発言者: