2017年1月18日、小野寺まさる 「常識が無く危険な不正受給者もいるわけであり、危険では無いまでも不正受給を続けているズ


発言内容〔神奈川県小田原市で2007年以降、生活保護受給者の自立支援を担当する市職員ら六十四人が、「私たちは正義。不正を見つけたら追及する。私たちをだまして不正によって利益を得ようとするなら、彼らはくずだ」」などの趣旨の英文が背面にプリントされたジャンパーを自費で購入し、一部の職員が勤務中に着ていたという事件について〕 常識が無く危険な不正受給者もいるわけであり、危険では無いまでも不正受給を続けているズルイ方々も沢山います。その様な方々に対しての意味合いもあったのかと思います。そもそも、生活保護を受給している事を知られる事が、プライバシーの侵害になるのでしょうね?
発言者小野寺まさる
所属前北海道議会議員
所属団体自由民主党
発言日時2017/1/18
発言場所Twitter
情報源Twitter
掲載日時2017/1/18
掲載元URLhttps://twitter.com/onoderamasaru/status/821622537201352705
事後経過
経過情報源
経過掲載日時
経過掲載URL
補足・解説
差別対象カテゴリー: 発言年: 所属政党: 発言者: