2017年1月8日、鈴木信行 「梅毒感染患者が平成23年と比べ5倍に増えた。妊婦を通じ胎児が感染すると死産など


発言内容梅毒感染患者が平成23年と比べ5倍に増えた。 妊婦を通じ胎児が感染すると死産などを起こす恐れがあり、専門家は注意を呼びかけている。 原因は支那(中国)人だ。 感染研によると、昨年11月27日までの患者数は4077人。 性感染症の梅毒と診断された患者数が、昨年は4000人を超え、約40年前と同水準となったことが国立感染症研究所のまとめでわかった。 昭和49年(1974年)の4165人に迫っている。12月末の集計では同年を上回るだろう。 男女の内訳は 男性が2848人、 女性が1229人。 女性は20歳代が半数を占めている。梅毒は、戦後間もない昭和20年(1940年)以降に患者が20万人を超えていたが、抗菌薬治療の普及で激減した。 再流行した昭和42年の約1万2000人をピークに減少を続け、一時は500人を切った。 ところが、平成23年以降、再び増加している。 国立感染症研究所は「増加のはっきりした要因は分からない」としているが、嘘だ。 日本に来ている支那人観光客は富裕層だけではない。入国規制を緩めているから中間層が来ている。 中共からの観光客が病原菌を持ち込んでいるのだ。 支那人が日本観光のついでに性風俗店を利用し、病気が拡大した。 現在、中国で最も猛威を振るっている性感染症といえば、梅毒である。 中国衛生部が発表した「全国法定伝染病疫情状況」によると、平成25年(2013年)度の梅毒感染者数は40万6772人。 なんと15年間で10倍以上に増加している。 日本とはけた違いの患者数である。 観光立国のリスクが梅毒だ。 支那人相手のおもてなしにはリスクが伴う。
発言者鈴木信行
所属参議院選挙立候補者
所属団体維新政党・新風
発言日時2017/1/8
発言場所維新政党新風 鈴木信行 公式ブログ
情報源維新政党新風 鈴木信行 公式ブログ 中国から性病梅毒が来ている!
掲載日時2017/1/8
掲載元URLhttp://ameblo.jp/ishinsya/entry-12236026573.html
事後経過
経過情報源
経過掲載日時
経過掲載URL
補足・解説
差別対象カテゴリー: 発言年: 所属政党: 発言者: