2017年1月7日、鈴木信行 「火病韓国・釜山の日本総領事館前に慰安婦像が設置されたことに対抗し、日本は長嶺


発言内容火病韓国・釜山の日本総領事館前に慰安婦像が設置されたことに対抗し、日本は長嶺安政駐韓大使の一時帰国などの措置を発表した。 韓国の尹炳世外交部長官は、長嶺大使を同部庁舎に呼び「遺憾」を表明した。文句言う前にやることあるだろう。 日本政府の対抗措置 (1)長嶺大使、森本康敬釜山 総領事の一時帰国 (2)釜山総領事館職員の釜山市関連行事への参加見合わせ (3)日韓通貨スワップ(交換)協議の中断 (4)日韓ハイレベル経済協議の延期―の四つの措置を取ると説明した。 よくやった。後は適当な機関で制裁を解除することのないように。 尹長官は日本政府に「遺憾」を表明する前に、10億円の返金を申し出るべきだ。 尹「10億なんて返してやる。10億くらいで韓国をなめるな!」くらい言ったらいいだろう。韓国内で人気が出るぞ。次期大統領候補になれるかも知れないぞ。 お金だけ頂いて日韓合意は履行せず。 次期韓国大統領は、日韓合意を破棄するだけではなく、日韓基本条約もまとめて解消したらいい。 日本は国交断絶までのロードマップを突きつけたらいいのだ。 次は、入国規制ノービザ解消。 技術移転禁止、企業活動に規制強化。 その次は、大使館閉鎖。 そして、国交断絶だ。 安倍首相は韓国だけには甘いからな。 現在の制裁措置を維持できるのだろうか。
発言者鈴木信行
所属参議院選挙立候補者
所属団体維新政党・新風
発言日時2017/1/7
発言場所維新政党新風 鈴木信行 公式ブログ
情報源維新政党新風 鈴木信行 公式ブログ 韓国は10億円返してから文句言え!断交へのロードマップ!
掲載日時2017/1/7
掲載元URLhttp://ameblo.jp/ishinsya/entry-12235798645.html
事後経過
経過情報源
経過掲載日時
経過掲載URL
補足・解説
差別対象カテゴリー: 発言年: 所属政党: 発言者: