2017年1月5日、桜井誠 「今日からブログ再開。今年も宜しくお願いします。さて、韓国では次期大統領選挙で盛り上


発言内容今日からブログ再開。今年も宜しくお願いします。さて、韓国では次期大統領選挙で盛り上がっているようですが、その中で「日韓合意」の取り扱いに注目が集まっています。日韓合意については、現在名前の挙がっている大統領選候補者全員が「破棄」を主張しており、その時々の政権の都合で合意やら条約やらを反故にする、韓国人の感覚を日本側はよくよく知る必要があるのです。この件については、「我が国の父祖の名誉を貶めるもの」として国内保守層の猛反対を押し切り、ついには韓国と合意した安倍総理の責任は免れないものと思います。少なくとも彼は一体韓国の何処をもって、合意を順守する国であると判断したのか、お得意の記者会見で国民に対し説明すべきなのです。 日本側の対応はともかく、韓国側はこの日韓合意を結び、不可逆的に慰安婦問題は解決した、との一文の意味が理解できず、更に十億円の癒し金(払う必要のない事実上の賠償金)なるものを受け取り、ソウルにある日本大使館前の売春婦像の撤去について最大限の努力をすると約束していました。しかし、日本大使館前から嫌がらせのように設置される売春婦像の撤去どころか、先日釜山にある日本総領事館前にまたぞろ売春婦像の設置を行政府が認めるという事態を引き起こしています。明らかに合意違反であり、日本政府からの抗議に対しても韓国政府はまったく動こうとしないのです。 こうなることは、先述の日本国内の保守層から散々に言われてきたことであり、だからこそ我が国の父祖の名誉だけではなく、約束を守らない韓国という国を現政府はどう見ているのか、問い質さなければならないのです。そして、韓国側の合意違反は流石の朝日新聞も庇いようがなく、元日の新聞で「安倍総理周辺からは『振り込め詐欺に遭ったようなもの』との声があがっている」と報じ、日本政府の韓国に対する不満の声を伝える他なかったのです。更に、朝日新聞は続けて「韓国が求めて合意した『通貨スワップ協定』の復活が停滞する可能性もある」と具体的な報復処置にまで言及しているのです。もともと売春婦問題のマッチポンプ役だった朝日が何を言う、と怒りの声をあげられる方もいるかと思いますが、その朝日でさえ日韓の最悪の状態に言及せざるを得ない状況に追い込まれたと考えるなら、下手なお笑い番組をみるよりも笑えるというものです。 桜井に限らず、この日韓合意や日韓通貨スワップ問題に関して断固反対を訴えている人はいるかと思いますが、日韓合意について日本で最も早く反対の声を上げ、署名を集めているのは拙ブログです。日韓合意は我が国の父祖の名誉を貶めるものであり、この一点においてだけでも本当の保守であれば断固反対しなければならないものだと思うのです。そして日韓通貨スワップについても然り、日本側に何のメリットも無く、ただひたすらに韓国の国益を守るだけの協定について、日本側への感謝とこれまでの自分たちの身の程知らずの反日妄動を反省するならともかく、そんな素振りさえ見せない彼らを利する協定は不要なのです。日韓合意、日韓通貨スワップ協定に反対の皆様、是非ブログ下記の署名にご協力下さい。
発言者桜井誠
所属東京都知事選立候補者
所属団体日本第一党
発言日時2017/1/5
発言場所Doronpaの独り言
情報源Doronpaの独り言 どうする日本? 日韓合意破棄を求める韓国世論
掲載日時2017/1/5
掲載元URLhttp://ameblo.jp/doronpa01/entry-12234760126.html
事後経過
経過情報源
経過掲載日時
経過掲載URL
補足・解説
差別対象カテゴリー: 発言年: 所属政党: 発言者: