2016年12月10日、鈴木信行 「火病韓国の朴槿恵大統領に対する弾劾訴追案が9日、国会本会議で可決された。朴大


発言内容火病韓国の朴槿恵大統領に対する弾劾訴追案が9日、国会本会議で可決された。 朴大統領は国会から弾劾訴追議決書を渡されると大統領権限が停止され、黄教安首相が職務を代行する。 〔中略〕 韓国には距離を置くべきだ。 日本を韓国のような経済状態にしてはならない。 朴槿恵大統領は、就任当初から慰安婦像強制連行の嘘をばら撒き、中共にすり寄り反日政策一辺倒で暴走した。 韓国の国民世論は喜んだが、日米から距離を取り中共に近づいた結果は、国民生活は困窮していったのだ。 国民は「生活の安定」を望んでいる。 受験競争を勝ち抜いてきた若者でも、まともな就職もできない格差社会。 特権階級によるコネ社会を韓国国民が妬みと怒りで答えたのだ。 日本でも 100万円以下が国民全体の0.9%。 200万円以下が国民全体の24%。 300万円以下が国民全体の40%。 400万円以下が国民全体の60%。 2000万円以上は0.4%だ。 国民庶民を二の次にする政治は、日本も他人事ではない。 在日特権だけではないよ。 敗戦利得者と既得権益の上に坐する階層との格差社会。 富の再配分が必要だ。
発言者鈴木信行
所属参議院選挙立候補者
所属団体維新政党・新風
発言日時2016/12/10
発言場所維新政党新風 鈴木信行 公式ブログ
情報源維新政党新風 鈴木信行 公式ブログ 朴槿恵崩壊は財界優遇「国民生活」を忘れた結果だ!日本もある特権!格差社会!
掲載日時2016/12/10
掲載元URLhttp://ameblo.jp/ishinsya/entry-12227322161.html
事後経過
経過情報源
経過掲載日時
経過掲載URL
補足・解説
差別対象カテゴリー: 発言年: 所属政党: 発言者: