2016年12月15日、小坪しんや 「メディアや左派は「外国人排斥」「レイシズム」という言葉で、枠を括ろうと試


発言内容<外国人排斥について> メディアや左派は「外国人排斥」「レイシズム」という言葉で、枠を括ろうと試みているように思います。 私は先ほど「内政問題にも」と述べました。 つまり日本人にも明確に適用し、国家として価値観の共有を図るべきだというスタンスです。 それは道徳教育であり、愛国心という言葉で表現できるように思います。 <価値観 ~ 誰がために祈り、慈しむ気持ち> 「愛国心」や「道徳教育」これらの言葉は、可哀想なことに左派メディアにより徹底的に汚されてきました。 イメージを汚され、まさしく言葉狩りにあったのです。 私は、本件に触れることで、この「中身」を知ることができました。 それは、郷に入らば郷に従えではありませんが 「同じものを、共に愛し、慈しむこと」であります。 私たちが大切に思うものを、できれば同じように愛して欲しいし 少なくとも意図的に破壊しないこと。 それが日本国籍を付与する上での最低条件ではないでしょうか。 これはレイシズムでもなく、外国人排斥でもなく いま現代を生きる私たちがなすべき、先人たちへの責務だと感じるのです。 かつ、この意見が「横暴だ」として、何らかの横文字で否定・批判されるのであれば それは言論弾圧ではないでしょうか。 なぜなら、私はこれらの被害に対し、とても深く傷ついているからです。 その痛みを言葉で発することに、何かの制約を設けようとする勢力の試みは、極めておかしいと思うのであります。
発言者小坪しんや
所属行橋市市議会
所属団体無所属
発言日時2016/12/15
発言場所小坪しんやのHP~行橋市議会議員 ブログ
情報源小坪しんやのHP~行橋市議会議員 ブログ 地図でわかる、寺社・仏閣・文化財、被害一覧【厳罰化を求める人はシェア】
掲載日時2016/12/15
掲載元URLhttps://samurai20.jp/2016/12/tatari-2/
事後経過
経過情報源
経過掲載日時
経過掲載URL
補足・解説
差別対象カテゴリー: 発言年: 所属政党: 発言者: