2016年12月5日、桜井誠 「一昨日に書いたブログ記事『ヘイトスピーチとは何なのか?流行語ベストテンに選ばれた「日本死ね


発言内容一昨日に書いたブログ記事『ヘイトスピーチとは何なのか?流行語ベストテンに選ばれた「日本死ね」』以降、「日本死ね」を流行語とする反日企業ユーキャン許すまじ!の声が一斉に上がっています。ついでにネット流行語大賞銅賞に「日本死ね」を選んだJ-castやその様子を流したAbemaTVにも批判の声が寄せられています。一体いま、日本で何が起きているのでしょうか? (中略) 思うに、もはや「流行語大賞」という代物自体が世情に合わなくなっているのではないかと思うのです。例えば、もっとも引用された語句ということでネットの 検索数を調べれば、一発で流行語というものが分かります。本来の流行語とはそういうものだったはずです。ところが、その純粋な引用数というものから、いつ の間にか審査委員の思想信条が繁栄されるようになり、ついには「日本死ね」と声高にさけぶ日本罵倒語までが流行語大賞にノミネートされるに至ったのです。 「日本死ね」を擁護するパヨクは「これは比喩であり、誰も傷つけていないのだから」「他に訴えようがない心からの叫びだから」と主張します。しかし、例えば同じように誰も傷つけない、他に訴えようがない主張として「韓国内の反日を糺すため」「竹島を取り戻すため」「反日教育の是正を訴えるため」「核実験やミサイル実験に抗議するため」「拉致事件を訴えるため」の「韓国死ね」「支那死ね」「北鮮死ね」は、ヘイトスピーチにあたり断じて許されないと口から泡を吹いて絶叫するのが彼らなのです。この手前勝手な反日思想の表れこそ「日本死ね」ではないでしょうか?
発言者桜井誠
所属東京都知事選立候補者
所属団体日本第一党
発言日時2016/12/5
発言場所Doronpaの独り言
情報源Doronpaの独り言 反日思想の表れ「日本死ね」
掲載日時2016/12/5
掲載元URLhttp://ameblo.jp/doronpa01/entry-12225630177.html
事後経過
経過情報源
経過掲載日時
経過掲載URL
補足・解説
差別対象カテゴリー: 発言年: 所属政党: 発言者: