2016年11月30日、鈴木信行 「韓国の朴槿恵大統領は29日、親友の崔順実被告の国政介入事件をめぐり、3回目


発言内容韓国の朴槿恵大統領は29日、親友の崔順実被告の国政介入事件をめぐり、3回目の国民向け談話を発表し、「任期短縮を含め、進退問題を国会の決定に委ねる」と表明した。朴大統領は「与野党が議論し、国政の混乱と空白を最小化し、安定的に政権を委譲できる方策を講じてくれれば、その日程や法の手続きに従って大統領職から退く」と議会に委ねた形だ。これで弾劾訴追が避けられれば、ひとまず窮地を脱したというところか。 大統領就任当初から反日活動フル回転で走り出し、中共にべったりくっついた後にまた日韓合意で日米にすり寄りだした最低の大統領だ。逮捕されようがいい気味だが、次の大統領は誰になっても朴よりも反日なのは間違いない。世界中から不評を買った潘基文国連事務総長か、朴槿恵と大統領の座を争って負けた北朝鮮派の文在寅が復活するのか。それとも第三第四の人物が急上昇するか。 朴槿恵と文在寅が大統領選挙をしていた時に、文の選挙事務所から電話が来たことがある。その後、文は僕を批判する記者会見を開いた。文在寅政権が誕生すれば、朴だけではなく李明博の身も危ないのではないか。北朝鮮は好機と捉えはしゃぎだし、日本左翼も踊りだす。 日韓融和に水を差すのならそれもいいかな。火病韓国と一線を引く好機にしたいものだ。
発言者鈴木信行
所属参議院選挙立候補者
所属団体維新政党・新風
発言日時2016/11/30
発言場所維新政党新風 鈴木信行 公式ブログ
情報源維新政党新風 鈴木信行 公式ブログ 朴槿恵辞意表明!次も期待できぬ韓国の実状!
掲載日時2016/11/30
掲載元URLhttp://ameblo.jp/ishinsya/entry-12224257021.html
事後経過
経過情報源
経過掲載日時
経過掲載URL
補足・解説
差別対象カテゴリー: 発言年: 所属政党: 発言者: