2016年11月22日、桜井誠 「11月12日の朝鮮学校シンポジウムで「植民地主義に対する抵抗としての民族教育の重要性を


発言内容11月12日の朝鮮学校シンポジウムで「植民地主義に対する抵抗としての民族教育の重要性を強調した」学者の論文に大きな拍手が沸いた、と朝鮮総連の機関 紙が報じています。民族差別政策が続く日本で民族教育の歩みを一度も止めたことがないと称えながら、他の海外同胞社会で同じような事例を見つけることはで きないと強調した、そうです。この愚かなまでの朝鮮学校の弊害は言うまでもなく、そもそも反日滅日(日本を滅ぼす)を目標に掲げている北朝鮮による、対日 テロ(麻薬、拉致、殺人、強盗などやりたい放題)を続けながら、石にかじりついてでも日本から離れないと主張する彼らは頭がおかしいと断じます。 何より、不逞鮮人らがとくに反発している朝鮮学校の無償化がならない理由は、第一に一条校として文科省の教育施策に入ることを拒否しているからです。どこの世界に、その辺の私塾を無償化しないのは「差別だ」と騒ぐ馬鹿がいるでしょうか?第二に彼らの祖国である北朝鮮による今年一年間だけでも17回のミサイル実験を行い、30発以上のミサイルを日本海にぶち込み、更に核実験、自称水爆実験とやりたい放題の戦争狂ぶりに対する制裁措置の一環として朝鮮学校への無償化や補助金が止められているのです。自分の国に匕首(ミサイル、核)を突きつける国家に対して、何処の国が補助をするというのでしょうか?なんでも差別と言えばよいのではないのです。愛すべき祖国の将軍様にでも補助金を求めろ!との声が我が国でも起きています。 (中略) 彼らが日本政府に対して強硬に無償化や補助金支出を求めるのは、ひとえに少しでも日本の国力を弱めるためであり、朝鮮学校への「差別」を盾にとって日本人の側に朝鮮学校ひいては北朝鮮への批判を許さない世論を作るためだと思われます。しかし、そんな頭の悪い不逞鮮人の考えるような工作に引っかかる日本人もまた居ないと思われるのです。最後に、朝鮮学校についての産経新聞の記事から。〔「都内の朝鮮大学校「日米を壊滅できる力整える」 金正恩氏に手紙、在校生に決起指示」(産経新聞)〕読者各位は承知のことと思いますが、改めて読了頂き、朝鮮学校の危険性を再確認して頂ければと思います。
発言者桜井誠
所属東京都知事選立候補者
所属団体日本第一党
発言日時2016/11/22
発言場所Doronpaの独り言
情報源Doronpaの独り言 朝鮮学校は北朝鮮の下部組織 そんな組織を無償化するなど絶対にあり得ない!
掲載日時2016/11/22
掲載元URLhttp://ameblo.jp/doronpa01/entry-12221527197.html
事後経過
経過情報源
経過掲載日時
経過掲載URL
補足・解説
差別対象カテゴリー: 発言年: 所属政党: 発言者: