2016年11月18日、鈴木信行 「朴槿恵大統領退陣を求めて、ソウル市の市庁舎前広場と周辺道路は毎週のようにデモ隊


発言内容朴槿恵大統領退陣を求めて、ソウル市の市庁舎前広場と周辺道路は毎週のようにデモ隊に占領されている。 火病韓国内の北朝鮮派と野党勢力の力の見せどころとしては最大の場面が来るだろう。 日本国内から反日左翼のバカどもがソウルに応援に駆けつけているようだ。 日本の左翼はよほど韓国朝鮮が好きなのだろう。朴槿恵政権打倒のために飛行機になるのだから北朝鮮が好きなのだろうか。 鈴木信行は竹島を侵略し日本人を殺害した火病韓国は嫌いで、日本人を拉致して返さない北朝鮮も大嫌いだ。 ここで北朝鮮が軍事行動を起こすことは得策ではない。 何故かというと、火病と云われる所以はすぐカーッとなる朝鮮人の民族性、国民性だ。北朝鮮が大砲を打ち込めば、逆に韓国内の結束を高めてしまうからだ。韓国軍には反共精神を叩きこまれた軍人も残っているだろう。 韓国国民も北朝鮮に攻撃されれば火病を起こし、怒りの矛先は北朝鮮に向かう。 朴槿恵大統領にとっては北朝鮮の登場を心の中では歓迎したいところかも? 朝鮮戦争時に侵攻した北朝鮮が足りなかったこととは何か。 準備不足として反省すべき事案は何かと反省すれば答えは出てくる。 当時も今も北朝鮮派は南部に多かったが、もっと韓国内の全体の世論工作を行い、侵略を完遂するには北朝鮮支持勢力が足りなかったはずだ。 もう一つの大きな要素だが、米軍の介入を阻止できなかったことだ。 朝鮮戦争当時の日本は占領下にあり自衛軍備もなく何もできない状態だった。 現在でも世界の軍事大国であり、隣接する日本国内に軍事拠点を持つ米軍の介入を止められなければ、北朝鮮に今後も韓国を侵略し第二次朝鮮戦争の勝算はない。 韓国内の北朝鮮支持勢力をつくる工作は成功している。 朴槿恵大統領は就任後、北朝鮮派の政党に解散命令を下し政党を解党したが、政治勢力としての北朝鮮派は、マスメディア、役人の中にも浸透している。 北朝鮮が韓国を軍事侵攻するにはまだまだ時期尚早と考えるが、金正恩が考えることだから常人である鈴木信行には想定外のことが起こるかもしれない。 日本による韓国攻略も同様であり、竹島奪還のためには韓国内に呼応する親日派勢力との連携が必要となる。 ただし、現在は日韓融和の時期ではなく、韓国とは日本海に一線を引き距離を取る時期である。
発言者鈴木信行
所属参議院選挙立候補者
所属団体維新政党・新風
発言日時2016/11/18
発言場所維新政党新風 鈴木信行 公式ブログ
情報源維新政党新風 鈴木信行 公式ブログ 北朝鮮の韓国侵攻は成功するか?得する奴は誰か?朴か金か!
掲載日時2016/11/18
掲載元URLhttp://ameblo.jp/ishinsya/entry-12220566687.html
事後経過
経過情報源
経過掲載日時
経過掲載URL
補足・解説
差別対象カテゴリー: 発言年: 所属政党: 発言者: