2016年11月8日、鶴保庸介 「『土人である』と言うことが差別であるとは個人的に断定できない」「人権問題であるか


発言内容沖縄県東村の米軍ヘリパッド建設現場付近で、大阪府警の機動隊員が抗議活動をしている人に「土人」と発言した問題について、鶴保庸介・沖縄北方相は8日、「『土人である』と言うことが差別であるとは個人的に断定できない」と述べた。 鶴保氏は「人権問題であるかどうかの問題について、第三者が一方的に決めつけるのは非常に危険なこと。言論の自由はもちろんどなたにでもある」と主張。「その(土人という)言葉が出てきた歴史的経緯には、様々な考え方がある。現在、差別用語とされるようなものでも、過去には流布していたものも歴史的にはたくさんある」と持論を展開した。 この問題が県民感情を損ねているかどうかについては「県民感情を損ねていると、私が断定するものではない。申し上げる立場にない」と述べた。
発言者鶴保庸介
所属参議院議員 内閣府特命担当大臣
所属団体自由民主党
発言日時2016/11/8
発言場所参院内閣委員会
情報源朝日新聞 鶴保大臣「土人発言、差別と断定できない」 野党は批判
掲載日時2016/11/8
掲載元URLhttp://www.asahi.com/articles/ASJC85Q7RJC8UTFK00Y.html
事後経過
経過情報源
経過掲載日時
経過掲載URL
補足・解説
差別対象カテゴリー: 発言年: 所属政党: 発言者: