2016年10月26日、川東大了 「”差別は良くないだろうし、差別は通常「社会的強者」が被害者側にはならない。


発言内容差別は良くないだろうし、差別は通常「社会的強者」が被害者側にはならない。 しかし、その「差別の被害者」に「強権」の付加価値を与える事で、算数的に「マイナス」に「プラス」を足して「プラマイ0」にしようと言う発想で差別問題を解消しようとすると「差別利権」が誕生する事になる。 「差別されたら、色々と都合が良い」と言う(いわゆる)差別利権が出来てしまうと、その利権を守ろうとする人達が現れ、かえって差別問題の解消の妨げとなったり、更にいびつに差別問題が複雑化・深刻化する事になる。 ドエッタ解放同盟が、その典型な例だが・・ 時に「差別された被害者」の看板が、最強の「社会的強者」の看板となる事も(特に日本では)珍しくない。 「俺は差別をされた被害者様だぞ」が水戸黄門の印籠となるのだ。 そうなると、誰もが「俺も差別されたい」「差別されて何不自由なく生活したい」となる・・・ 私(達)は、だからこそタブーを破って「被差別者」の看板を持つ最強の「社会的強者」を相手に戦いを挑んだ。 これこそが、真の階級闘争である。 「社会的弱者」の看板を振りかざす連中に、市民は虐げられている・・・ その市民を解放する為の戦いである。 〔連続ツイート〕
発言者川東大了
所属大阪府枚方市議会議員立候補者
所属団体維新政党・新風
発言日時2016/10/26
発言場所Twitter
情報源Twitter
掲載日時2016/10/26
掲載元URLhttps://twitter.com/A0001595/status/791057352317251584?lang=ja
事後経過
経過情報源
経過掲載日時
経過掲載URL
補足・解説
差別対象カテゴリー: 発言年: 所属政党: 発言者: