2016年10月26日、桜井誠 「(米国大統領選について) では我が国にとって、どちらが大統領になることが国益に沿う


発言内容(米国大統領選について) では我が国にとって、どちらが大統領になることが国益に沿うのでしょうか?答えはどちらになっても、日本は今後大変な日米関係を迎えるということです。ヒラリー大統領になれば、極端な支那中共寄りの政策は国際関係上取らないはずですが、日本に対しては厳しい経済問題を突きつけ、更に慰安婦問題などで日本側に更なる譲歩を求めるでしょう。要するに経済的反日が今後日米間の関係悪化につながる可能性があるのです。
発言者桜井誠
所属都知事選立候補者
所属団体日本第一党
発言日時2016/10/26
発言場所Doronpaの独り言
情報源Doronpaの独り言 米国大統領選挙 直近情報と我が国の未来
掲載日時2016/10/26
掲載元URLhttp://ameblo.jp/doronpa01/entry-12212975909.html
事後経過
経過情報源
経過掲載日時
経過掲載URL
補足・解説
差別対象カテゴリー: 発言年: 所属政党: 発言者: