2016年10月14日、桜井誠 「昨年12月28日、我が国は韓国と合意をし、慰安婦問題について総理の謝罪そして十億円に


発言内容昨年12月28日、我が国は韓国と合意をし、慰安婦問題について総理の謝罪そして十億円に及ぶ国民の血と汗と涙の税金をつぎ込み、不可逆的に同問題を解決 しました。韓国の虚構である慰安婦問題について我が国の総理が頭を下げるなど、絶対にあってはならない話ですが、一方韓国側は相も変わらずゴールポストを 動かしまくり、とても合意を守っているとは言えない状況でもあります。 まずもって我が国の父祖を強姦魔、殺人鬼と認めるが如き合意など、保守側に立脚するすべての者は断固反対すべき事案です。(中略) この日韓合意に対しては、しつこく何度でも反対を訴えて参ります。日本第一党がもしこの先政権を獲ることがあれば、必ず日韓合意を白紙としたうえで英霊の名誉を回復し、韓国に対して「いわゆる従軍慰安婦とは韓国のねつ造である」ことを突きつけたいと思います。
発言者桜井誠
所属都知事選立候補者
所属団体日本第一党
発言日時2016/10/14
発言場所Doronpaの独り言
情報源Doronpaの独り言 英霊の名誉を地に貶めた日韓合意 何度も動くゴールポスト問題
掲載日時2016/10/14
掲載元URLhttp://ameblo.jp/doronpa01/entry-12209340931.html
事後経過
経過情報源
経過掲載日時
経過掲載URL
補足・解説
差別対象カテゴリー: 発言年: 所属政党: 発言者: