2015年6月18日、佐藤正久 「2015年6月19日に、日本の名誉と信頼を回復するための特命委員会が開催され、そこで


発言内容2015年6月19日に、日本の名誉と信頼を回復するための特命委員会が開催され、そこで、「河野談話」のときに内閣官房副長官を務めた石橋信雄から、談話発表に至るまでの経緯などについてお話を伺いました。まず何より、当時の状況を丁寧に話して下さった石原先生に、心から感謝を申し上げます。 さて、肝心の「河野談話」に至る経緯ですが、お話を伺った結果、以下のことが見えてきました。 ・時の宮沢内閣は、韓国との「未来志向の関係」に期待 ・日本政府は調査の結果、日本軍が「慰安所」を設置したことを確認 ・日本政府はあらゆる調査を行うも、「強制性」は確認できず。 ・韓国政府は「強制性」を認めない日本政府に強く反発 ・韓国政府は日本政府に対し、“慰安婦”本人に対する聞き取り調査を行うよう要請 ・日本政府は“慰安婦”に対する聞き取り調査を行うも、対象となった“慰安婦”16名は韓国政府が選定(日本政府は、韓国を信頼) ・韓国政府は、強制性を訴える女性がいることに配慮するよう、日本政府に要請 なお、石原先生は、宮沢内閣が韓国との「未来志向の関係」に期待して談話を発表した旨、繰り返し説かれていました。 「河野談話」を発表してから20年以上が経った今、日本は時に、20万人ものsex slaves(性奴隷)を強制連行したという批判を受けるまでになっています。 佐藤は日本の未来のために、傷ついた日本の名誉と信頼を回復すべく、全力を尽くします。
発言者佐藤正久
所属参議院議員
所属団体自由民主党
発言日時2015/6/18
発言場所佐藤正久オフィシャルブログ「守るべき人がいる」
情報源佐藤正久オフィシャルブログ「守るべき人がいる」 慰安婦問題: 内閣副長官のお話から見えてきたもの
掲載日時2015/6/18
掲載元URLhttp://ameblo.jp/satomasahisa/entry-12040520223.html
事後経過
経過情報源
経過掲載日時
経過掲載URL
補足・解説
差別対象カテゴリー: 発言年: 所属政党: 発言者: