2016年1月6日、佐藤正久 「まず、日本の課題として改めて浮き彫りになったのが、対外情報発信力。今回の日韓


発言内容まず、日本の課題として改めて浮き彫りになったのが、 対外情報発信力。 今回の日韓合意に関する海外での報道を見ていると、 例えば、米国の有力誌であるニューヨーク・タイムズ紙は、 「性奴隷」という見出しを打っています。 こうした不正確な表現は、 諸外国の政府や国民に誤解を与えかねません。 日本政府として、 こうした事実にそぐわない不正確な報道に対しては 英語で、速やかに、柔軟かつ適切に反論しなければなりません。 今後は、日本の外情報発信力をより一層強化し、 事実とは異なる表現や文章が独り歩きすることを より積極的に防止していきたいものです。
発言者佐藤正久
所属参議院議員
所属団体自由民主党
発言日時2016/1/6
発言場所佐藤正久オフィシャルブログ「守るべき人がいる」
情報源佐藤正久オフィシャルブログ「守るべき人がいる」 慰安婦問題に関する日韓合意について思うこと
掲載日時2016/1/6
掲載元URLhttp://ameblo.jp/satomasahisa/entry-12114465372.html
事後経過
経過情報源
経過掲載日時
経過掲載URL
補足・解説
差別対象カテゴリー: 発言年: 所属政党: 発言者: