2016年6月17日、菅原一秀 「民進党の蓮舫代表代行について、「五輪に反対で、『日本人に帰化をしたこと


発言内容

民進党の蓮舫代表代行について、「五輪に反対で、『日本人に帰化をしたことが悔しくて悲しくて泣いた』と自らのブログに書いている。そのような方を選ぶ都民はいない」と発言した。 菅原氏は朝日新聞の取材に対し、「蓮舫氏のブログではなく、ネットで流れていた情報だった」と訂正したうえで、「五輪に後ろ向きな人が知事になれば困るので、自民党が候補を出すべきだとの趣旨。帰化した人が知事になってはならないという趣旨ではない」と説明した。

発言者菅原一秀
所属衆議院議員
所属団体自由民主党
発言日時2016/6/17
発言場所東京都知事選をめぐる党会合
情報源朝日新聞 「蓮舫氏は帰化し泣いた」自民・菅原氏発言、後から訂正
掲載日時2016/6/17
掲載元URL

http://www.asahi.com/articles/ASJ6K5GFYJ6KUTFK00M.html

事後経過

菅原氏はブログで「昨日の自民党都連の会合において、小生が蓮舫参議院議員に関して発言したことが記事になりました。

発言内容としては、巷間知事選に出るのではと言われている方はオリンピックにこれまで批判的な言動があったので、もし知事になるとオリンピックそのものへの影響や経済へのマイナスにもなりかねない旨のことを申し上げました。

またその際、ご本人に関してのネット上の記事を引用して、帰化したことが悔しくて泣いたとの内容に触れました。

内輪の会とはいえ、本人のブログ等でなく、ネット記事を引用したことは軽率だったと反省し、取材の際に訂正させていただきました。

また、帰化した人が知事になったり、立候補してはならないとの趣旨ではまったくありませんし、そのようなことを考えてもおりません。

ただ、今回のことで蓮舫議員にたいへん不快な思いをさせてしまい、この部分についてお詫びして撤回させて頂きたいと思います。申し訳ありませんでした。」と弁明した。

一方、蓮舫議員からの訂正と謝罪要請に対しては「貴殿のご指摘の点につきましては、すでに私から蓮舫議員に対して個人的に発言の経緯を説明するとともに、事実と違う部分について謝罪しているところです。また、本発言に関するマスコミからの取材や私自身のブログにおいても同様の対応をしたところです。」と回答。蓮舫議員は「到底納得できない」とTwitterでコメントした。

経過情報源菅原一秀オフィシャルブログ 都連会合の発言について
経過掲載日時2016/6/18
経過掲載URL

http://ameblo.jp/isshu-sugawara/entry-12171816425.html

補足・解説
差別対象カテゴリー: 発言年: 所属政党: 発言者: