2010年1月15日、石原慎太郎 「〔外国人参政権について〕絶対反対。


発言内容〔「政府が、永住外国人に地方参政権を与える法案の提出を目指しておりますが、これについて知事は賛成でいらっしゃいますでしょうか、反対でいらっしゃいますでしょうか。」という質問に対して〕 絶対反対。 〔「その理由は。」という質問に対して〕 地方の時代ということは、地方の、つまり行政、イシュー(問題)が何であろうと、それによって国全体が動くことがあるんです。 例えば、いろいろ問題あった、(青森県)六ヶ所村の(核燃料の)再処理の問題なんかも、ああいった問題を、あれだけ人口の少ない都市で、これは国際問題関係はありませんけれども、とにかく、地方の政治そのものが国家の政治につながるこういう時代に、地方だからいいだの、国政はいかんというのはおかしな話で、日本に永住する方なら、日本の国籍取ったらいい、問題起こしてないんだったら。ですから、国籍を取りやすいシステムをつくったらよろしいんで。私は前から、新しい移民政策するべきだって言ってますけど、まして、いろいろ歴史のいきさつがあっても、日本に永住してらっしゃる方々、何も韓国の人に限らず、そういった方々が望むなら、国籍を変えたらいい。国籍を変えたくないという理由もあるでしょう。しからば、外国人のままでいてもらいたい。それを永住しているからといって、地方に限って参政権与えるっていうのは、これはもう、時間的、空間的に日本そのものが狭くなってるときに、まして地方主権ということを言われてるときに、国籍を持たない人たちの意向で左右されて、国そのものが左右されかねない、私は、そういう発想そのものがおかしいと思います。
発言者石原慎太郎
所属東京都知事
所属団体自由民主党
発言日時2010/1/15
発言場所定例会見
情報源石原元都知事「知事の部屋」 "石原知事定例記者会見録 平成22(2010)年1月15日(金)"
掲載日時2010/1/21
掲載元URLhttp://www.metro.tokyo.jp/GOVERNOR/ARC/20121031/KAIKEN/TEXT/2010/100115.htm
事後経過
経過情報源
経過掲載日時
経過掲載URL
補足・解説
差別対象カテゴリー: 発言年: 所属政党: 発言者: