2005年6月1日、石原慎太郎 「私が〔北京オリンピックの〕ボイコットについて論じるのは、最近のサッカーの


発言内容「私が〔北京オリンピックの〕ボイコットについて論じるのは、最近のサッカーの試合とその時のトラブルが原因だ。」「北京オリンピックは、1936年のヒトラーのオリンピックと同じ国際政治上の意味をもつと思う。あれは軍事力を背景にしたデモンストレーションだった。北京は同様の姿を見せようとしている。」 「私なら、そこ〔尖閣諸島〕に日本の兵士か、日本人を住まわせる。しかし外務省がこれを禁じている。」「もし一触即発の事態になれば、私は領土を守るために小規模な戦争を遂行することをいとわないだろう。あなた方がフォークランド島に関して行ったように。」〔原文英語、ARIC担当者訳〕 "The reason I speak of a boycott is because of the recent football games, and the trouble that was caused on that occasion," Mr Ishihara said in his 45-storey headquarters in Tokyo. "I think that the Olympics in Beijing have the same significance in international politics as Hitler's Olympics in Berlin in 1936. It was a demonstration against the background of military power. Beijing is hoping to show the same kind of posture." Mr Ishihara has also been a vocal champion of Japan's ownership of islands known as the Senkaku in Japanese and as the Diaoyu in China. "I would have Japanese soldiers stationed there, or Japanese residents living there, but the Ministry of Foreign Affairs prohibits this," he said. "If there is a flashpoint there, I would not hesitate to fight a minor war to protect our own territory -like you did in the Falkland Islands."
発言者石原慎太郎
所属東京都知事
所属団体自由民主党
発言日時2005/6/1
発言場所英「タイムズ」紙のインタビュー
情報源the Times Mr Notorious seeks Olympics boycott and little local war
掲載日時2005/6/1
掲載元URL
事後経過
経過情報源
経過掲載日時
経過掲載URL
補足・解説
差別対象カテゴリー: 発言年: 所属政党: 発言者: