2004年6月1日、石原慎太郎 「最近、教育の現場をはじめ様々な場面で、男女の違いを無理矢理無視しようと


発言内容最近、教育の現場をはじめ様々な場面で、男女の違いを無理矢理無視しようとするジェンダーフリー論が跋扈しております。 男らしさ、女らしさを差別につながるものとして否定したり、ひな祭りや鯉のぼりといった伝統文化までも拒否するなど、極端でグロテスクな主張が見受けられます。 男と女という二つの性が存在することは、人間社会の基本原理であり、これを無視することは、自然の摂理と人類の文化を真っ向から否定することに他なりません。男と女は同等であっても同質ではあり得ません。男女の区別なくして、人としての規範はもとより、家庭、社会も成り立ち得ないことは自明の理であります。 すでに全国各地で反対の動きが始まっております。四都県知事懇談会においても先月、ジェンダーフリーについて意見を交わし、全員一致で反対していくことを確認いたしました。人としてごく当たり前の感覚を共有する多くの国民と共に、この問題に対峙してまいります。
発言者石原慎太郎
所属東京都知事
所属団体自由民主党
発言日時2004/6/1
発言場所平成16年第二回都議会定例会知事所信表明
情報源石原元都知事「知事の部屋」 平成16年第二回都議会定例会知事所信表明
掲載日時2004/6/1
掲載元URLhttp://www.metro.tokyo.jp/GOVERNOR/ARC/20121031/HATSUGEN/SHOUSAI/30e61100.htm
事後経過
経過情報源
経過掲載日時
経過掲載URL
補足・解説
差別対象カテゴリー: 発言年: 所属政党: 発言者: