2000年3月、石原慎太郎 「日本に来る欧米人は清潔と安全に感心するけれど、このところ不法入国の外国人


発言内容日本に来る欧米人は清潔と安全に感心するけれど、このところ不法入国の外国人が増えて安全性が脅かされています。〔中略〕ロサンゼルスであったように、不法入国の外国人による大略奪が新宿とか池袋で起きるかもしれない。それに対処するデモンストレーションとして戦車とか装甲車で街を封鎖する訓練とかもしてほしいといったんです。〔中略〕 昨年11月24日、警視庁へ視察に行きました。科学捜査研究所で中国人の黒社会(ヤクザの世界)の残酷さを知りましたよ。彼らは見せしめに裏切り者の顔の皮を剥ぐんです。研究所の技術で元の顔に修復したのを見たけれど、そういう残虐な行為は、今まで日本ではなかった。麻薬捜査を担当するところも見たが、コカインとか、ヘロインとか、何グラムいくらと広告が出ているんですよ。その横に暗号番号が出ていて、常習者はそれを解読して買うらしい。これも不法入国の連中の仕業です。追っかける方も一生懸命なんだけれど、とても精巧な暗号でなかなか解読できない。とにかく日本人にない発想の犯罪が出てきました。〔中略〕 今度男女共同参画社会というのを先取りして東京都で条例をつくるという。いいかげんにしてくれよと思ったが、その案を(担当の女性の部長さんが)持って来ました。で「男が男をいじめてもいい。女が女をいじめてもいい。要するに男が女をいじめちゃいかんということだろう」「はあ、そうですが」「もう一つ、女も男をいじめちゃいかんと入れといてくれ」そういったんですよ(笑い)
発言者石原慎太郎
所属東京都知事
所属団体自由民主党
発言日時2000/3
発言場所『正論』2000年3月号
情報源『正論』 編集長インタビュー・永田町紳士淑女を人物評定すれば
掲載日時2000/3
掲載元URL
事後経過
経過情報源
経過掲載日時
経過掲載URL
補足・解説
差別対象カテゴリー: 発言年: 所属政党: 発言者: