1994年7月、石原慎太郎 「アジアと日本の関係を考えるとき、いつになってもきまってさきの大戦への謝意


発言内容アジアと日本の関係を考えるとき、いつになってもきまってさきの大戦への謝意の有無が取り沙汰されるのはどうにかならないものだろうか。 たとえばベトナム戦争に敗れたアメリカがベトナムに詫びたとは聞いていないし、かつてオランダのベアトリクス女王が初めて来日したとき過去の戦争について総理がひと言陳謝すべきだなどという声が自民党の中にもあったが、女王が来日の道すがら二百年近く支配収奪し数百人の住民を殺したインドネシアに寄って過去を詫びたという話も聞いたことがない。ドイツは第一次大戦で敗戦国になったが、普通の講和条約を締結し賠償を払い、アルザスとロレーヌをフランスに取られたけれども、加えてしきりに謝罪したか? 第二次大戦後ドイツの首相は世界やヨーロッパにナチスの残虐行為は詫びたが、戦争行為そのものについては謝罪もしていない、例をいちいち挙げたらきりがない。
発言者石原慎太郎
所属衆議院議員
所属団体自由民主党
発言日時1994/7
発言場所『かくあれ祖国』
情報源石原慎太郎公式HP "石原慎太郎の理念・思想 「国際関係論」 アジア、その関係と歴史の総括"
掲載日時
掲載元URLhttp://sensenfukoku.net/philosophy/relation/history/#000092
事後経過
経過情報源
経過掲載日時
経過掲載URL
補足・解説
差別対象カテゴリー: 発言年: 所属政党: 発言者: