1971年11月、石原慎太郎 「男は、何であろうと別れた女を気にするが、女は殆ど気にしない。つまり、女は


発言内容男は、何であろうと別れた女を気にするが、女は殆ど気にしない。つまり、女は相手が何であろうと、相手と結ばれている今現在、その相手に自分を預け同化しようとすることに幸せを感じる。それが愛情における女の現実性である。 男には、愛に関してどのような現実にも消されぬ、夢のようなものがある。男はどんな恋愛をしながらも必ず、もっと違う、もっと充ち足りた他の何かをどこかで期待している。それは、女がセックスの恍惚の中で男とその絶対値において、比べものにならぬ快感指数を極めることが出来る、ということでも証されるだろう。 男と女の間柄に関して、女には、現在しかなく、男には、いつも結局未来しかない。女はとどまろうとし、男には放浪への本能がある。
発言者石原慎太郎
所属参議院議員
所属団体自由民主党
発言日時1971/11
発言場所『男の世界』
情報源石原慎太郎公式HP 石原慎太郎の理念・思想「人生論」恋愛について
掲載日時
掲載元URLhttp://sensenfukoku.net/philosophy/life/love/#000043
事後経過
経過情報源
経過掲載日時
経過掲載URL
補足・解説
差別対象カテゴリー: 発言年: 所属政党: 発言者: