2013年8月20日、片山さつき 「韓国最高裁で判決が確定しても、新日鉄住金は絶対に賠償金を支払ってはいけま


発言内容朝鮮人強制労働の個人補償訴訟で被告の新日鉄住金が敗訴なら賠償に応じる意向だと報じられた件について、「現在の韓国最高裁は、親北朝鮮の盧政府による個人請求権放置は違憲と判断している。客観的かつ公正な司法判断は期待できません」と語った。 「韓国最高裁で判決が確定しても、新日鉄住金は絶対に賠償金を支払ってはいけません。日本政府としては、日本企業を守る仕組みを作るべき。たとえあ、韓国側に差押を受けた時の費用や、韓国からの撤退する費用を日本政府が負担する仕組みを考えるべきです」 「韓国との経済関係も見直す時かもしれません。中国なら市場は大きいですが、韓国の市場は小さく、人件費も高い。そのうえで、投資リスクが高いとなると、どの国が好んで進出するでしょうか。韓国も『反日』に凝り固まらず、その点を考えるべきです」
発言者片山さつき
所属参議院議員
所属団体自由民主党
発言日時2013/8/20
発言場所夕刊フジ
情報源夕刊フジ 新日鉄は賠償金払ってはダメ
掲載日時2013/8/20
掲載元URL
事後経過
経過情報源
経過掲載日時
経過掲載URL
補足・解説
差別対象カテゴリー: 発言年: 所属政党: 発言者: