1997年12月23日、能勢和子 「慰安婦強制連行の問題であるが、強制連行なるものの信憑性が乏しいということ


発言内容慰安婦強制連行の問題であるが、強制連行なるものの信憑性が乏しいということを、多くの識者が私的している。又藤岡教授の、政府は文献上全く根拠がないのに、強制連行を認めたという指摘である。それは、日本や韓国のみならず、全世界に日本の蛮行が既成事実とされ、「セックス・スレイヴ」という言葉を定着させてしまう契機となった。
発言者能勢和子
所属衆議院議員
所属団体自由民主党
発言日時1997/12/23
発言場所日本の前途と歴史教育を考える若手議員の会
情報源歴史教科書への疑問―若手国会議員による歴史教科書問題の総括 p.491
掲載日時1997/12/23
掲載元URL
事後経過
経過情報源
経過掲載日時
経過掲載URL
補足・解説
差別対象カテゴリー: 発言年: 所属政党: 発言者: