1997年6月13日、鶴岡公二 「例えば「クマラスワミ報告」では、「性的奴隷(セクシャル・スレーブ)」という


発言内容例えば「クマラスワミ報告」では、「性的奴隷(セクシャル・スレーブ)」という表現を使いました。しかし、そういう言葉はどこにもない。また法律上、国際法上定義された表現でもない。彼女の展開した議論は、いま申し上げたような人権侵害ということと、我が国の行為が違法であったという二つの論拠をもとに、今日日本は経済大国になった以上、そのような過去の行為について十分な金銭的支払いを行うとともに、関係者の処罰をも行えという二つのことを提言したわけであります。このいずれも、先程申し上げた平和条約その他の国際法の世界で整理されて終わっていることであるというのは、今更繰り返すまでもない。
発言者鶴岡公二
所属外務省北米局北米第二課長
所属団体
発言日時1997/6/13
発言場所日本の前途と歴史教育を考える若手議員の会
情報源歴史教科書への疑問、pp.390-391 日本の前途と歴史教育を考える若手議員の会
掲載日時1997/12/23
掲載元URL
事後経過
経過情報源
経過掲載日時
経過掲載URL
補足・解説
差別対象カテゴリー: 発言年: 発言者: