1963年、椎名悦三郎 「日清戦争は決して帝国主義戦争ではなく、日露戦争はロシア帝国主義に対する


発言内容

日清戦争は決して帝国主義戦争ではなく、日露戦争はロシア帝国主義に対する痛快な反撃であった。〔中略〕いまなお日本の指向は、好むと好まざるとにかかわらず、アジア、アフリカ諸国とは運命共同体であり、その解放、独立、そして共存共栄ということでなければならない。日本が明治以来、このように強大な西欧帝国主義の牙から、アジアを守り、日本の独立を維持するため、台湾を経営し、朝鮮を合邦し、満州に五族共〔協〕和の夢を託したことが、日本帝国主義というのなら、それは栄光の帝国主義であり〔後略〕

発言者椎名悦三郎
所属衆議院議員
所属団体自由民主党
発言日時1963
発言場所童話と政治
情報源「妄言」の原形 日本人の朝鮮観、p.258,294 高崎宗司
掲載日時2014/12/15
掲載元URL
事後経過
経過情報源
経過掲載日時
経過掲載URL
補足・解説
差別対象カテゴリー: 発言年: 所属政党: 発言者: