2014年6月23日、長尾敬 「今日は20万人余りが犠牲となった沖縄戦から、69年目の「慰霊の日」です。心から


発言内容今日は20万人余りが犠牲となった沖縄戦から、69年目の「慰霊の日」です。心からご冥福をお祈りすると共に、祖国を守る為に命を賭してくださった方々に感謝を申し上げたいと思います。 沖縄の悲劇に絡んで、「ブロ市民たる反戦平和主義者」がよく口する言葉があります。 「沖縄戦で命を落とした学徒看護隊は犬死にだ」→悲劇を生んだのは、戦争そして日本軍であり米軍だから、基地は沖縄からでていけというイデオロギーの為に、犬死にでなければ都合が悪いのです。 「普天間の子供達をこれ以上危険に晒すな、米軍は沖縄から出て行け」→実際に普天間では、危険除去の為に学校を移転させようという運動がありました。 しかし、そうなると危険がなくなってしまう。 だから学校移転に反対し、危険を温存させてきた経緯があります。 本音では子供達の安全よりも、子供達の回りの危険を温存する方が重要なのです。 両者の共通点は、子供達を盾に自分たちの主張を押し通し、国家を貶めているという点ですね。このように、沖縄戦に散った兵士達、学徒隊、一般人は犬死にだったと標榜し活動する輩達が、本土から沖縄に「侵攻」しています。(中略) 彼等は祖国平和の為に戦い命を落としたのです。 犬死にと断ずることが、彼等の遺志を、尊厳を、名誉を傷つけていることに気づかないのでしょうか?いや、気づいている筈です。 それでも犬死にとするのは輩達の目的が公の為ではなく、個人のイデオロギーを残すことだからです。 (後略)
発言者長尾敬
所属衆議院議員
所属団体自由民主党
発言日時2014/6/23
発言場所長尾たかしの…未来へのメッセージ(ブログ)
情報源長尾たかしの…未来へのメッセージ(ブログ) 沖縄「慰霊の日」・・・沖縄学徒看護隊が伝える公の心
掲載日時2014/6/23
掲載元URLhttp://blog.goo.ne.jp/japan-n/e/6b96446a8036a64ea7850fd3238b484c
事後経過
経過情報源
経過掲載日時
経過掲載URL
補足・解説
差別対象カテゴリー: 発言年: 所属政党: 発言者: