2014年8月16日、長尾敬 「1.慰安婦は存在していたということです。 ?従軍慰安婦問題は、慰安婦の是非を問う


発言内容1.慰安婦は存在していたということです。 ?従軍慰安婦問題は、慰安婦の是非を問うものではありません。貧困家庭に生まれ、所謂、女衒により身を売られた女性達が慰安婦に身を落とした現実がありました。あるいは、混乱の世の中にあって逞しくいきた女性達の生き様もあったかもしれません。 ?当時慰安婦の給料は300円。女性労働者が20円以上は稼げず、日本人兵士の給料が24円という時代です。慰安婦となった経緯は人それぞれであり、その是非はあるものの、これは事実です。 ?つまり、軍の強制により慰安婦が連れて来られ、奴隷扱いされたのか?と問われれば全く事実に反します。セックス・スレイブという呼称は明らかに間違いです。 よって、 2.慰安婦は軍による強制ではないのです。 ?女衒などの「民間人による強制連行」はあったでしょう。これはこれで非常に不幸なことです。しかし、これと混同させ「軍による強制連行」だとして嘘八百を並べ立てて、国家の尊厳を傷つけたのが吉田清治氏の虚言だったのです。それまでは韓国において従軍慰安婦問題が取り上げられることはありませんでした。取り上げたのは、吉田清治氏であり、更にそれを拡大展開させた、元朝日新聞記者植村隆氏です。 つまり、 3.日本発の問題であるという点です。 ?はじめて日本人を辱めたのは韓国人ではなく、日本人だったのです。それに乗じて韓国が外交交渉の材料として利用し始めたのです。
発言者長尾敬
所属衆議院議員
所属団体自由民主党
発言日時2014/8/16
発言場所長尾たかしの…未来へのメッセージ(ブログ)
情報源長尾たかしの…未来へのメッセージ(ブログ) 朝日新聞の大罪!!!!
掲載日時2014/8/16
掲載元URLhttp://blog.goo.ne.jp/japan-n/e/1c9cb57fbf3ba7df07d5074a904f7c23
事後経過
経過情報源
経過掲載日時
経過掲載URL
補足・解説
差別対象カテゴリー: 発言年: 所属政党: 発言者: