2014年10月25日、長尾敬 「多勢に無勢、結局押し返せなかった議論の一つです。無戸籍になってしまった子供


発言内容多勢に無勢、結局押し返せなかった議論の一つです。 無戸籍になってしまった子供達を救いたいという気持ちに一点の曇りもありません。しかし、300日規定を緩和しろというのは筋が違います。 性交をするから子供が出来るわけで、無戸籍の子供にしたくなかったら、一定期間、性交をしなければよかった訳です。 「長尾さんは、家制度に拘っているけど、男女の仲は多様性の時代なんですっ」 「はっ? それは多様性とは言わず、セックスを我慢できなかったからじゃないの?それさえ我慢すれば、無戸籍の子供の殆どは生まれなくなる」 「・・・・・・」 これが通用しない世界があるのです。あーっ、あっ、全身の力が抜けてしまいます。 (以下、産経新聞「無戸籍者279人で9割が未成年 「前夫の子」回避…無届け多く」)
発言者長尾敬
所属衆議院議員
所属団体自由民主党
発言日時2014/10/25
発言場所長尾たかしの…未来へのメッセージ(ブログ)
情報源長尾たかしの…未来へのメッセージ(ブログ) 無戸籍問題の筋違い
掲載日時2014/10/25
掲載元URLhttp://blog.goo.ne.jp/japan-n/e/7504992d0d8abd507c91b321f66dd7ff
事後経過
経過情報源
経過掲載日時
経過掲載URL
補足・解説
差別対象カテゴリー: 発言年: 所属政党: 発言者: