2016年3月17日、長尾敬 「某団体から頂戴した声明文、並びに要請書には重大な論点が欠落しております。朝鮮


発言内容(前略)某団体から頂戴した声明文、並びに要請書には重大な論点が欠落しております。朝鮮学校は人事的にも財政的にも朝鮮総連の影響下にあるという点です。そして、この朝鮮総連こそが日本人拉致事件に関わる中枢機関であるということが抜け落ちております。この構図があるがゆえに、私たちは朝鮮学校への補助金打ち切りを迫っているのです。 かかる要請書を届けるならば、朝鮮学校、もしくは朝鮮総連に届けることが筋だと思います。何故ならば、子供たちへの人権侵害をしているのは、他ならぬ朝鮮学校や朝鮮総連だからです。補助金が生徒のために使われているいうことが証明できるのでしょうか??証明できずに、その資金が北朝鮮へ送金されているという疑いが濃厚であるがゆえ、制裁措置を取っているのです。 人権侵害だと訴える相手を間違っています。朝鮮学校と朝鮮総連に抗議をしてください。
発言者長尾敬
所属衆議院議員
所属団体自由民主党
発言日時2016/3/17
発言場所長尾たかしの…未来へのメッセージ(ブログ)
情報源長尾たかしの…未来へのメッセージ(ブログ) 抗議をする相手をお間違えではありませんか?
掲載日時2016/3/17
掲載元URLhttp://blog.goo.ne.jp/japan-n/e/431fc161070ade3de2aa1c1a37386c45
事後経過
経過情報源
経過掲載日時
経過掲載URL
補足・解説
差別対象カテゴリー: 発言年: 所属政党: 発言者: