1963年1月26日、池田勇人 「第二の、朝鮮を併合してからの日本の非行に対しては、私は寡聞にして十分存じて


発言内容

第二の、朝鮮を併合してからの日本の非行に対しては、私は寡聞にして十分存じておりません。しかし、われわれとしては、数十年間朝鮮を支配し、そうして今度の戦争の結果、国家として独立したのでございますから、こういう昔からの関係を考えて、特に共存共栄の線で国交を正常化いたしたいと努力いたしておるのであります。

発言者池田勇人
所属内閣総理大臣
所属団体自由民主党
発言日時1963/1/26
発言場所第四十三回国会参議院議事録
情報源国会会議録検索システム 第43回国会 参議院 本会議 5号 昭和38年01月26日
掲載日時1963/1/26
掲載元URL

http://kokkai.ndl.go.jp/SENTAKU/sangiin/043/0512/04301260512005a.html

事後経過
経過情報源
経過掲載日時
経過掲載URL
補足・解説
差別対象カテゴリー: 発言年: 所属政党: 発言者: