2015年6月11日、川東大了 「朝鮮半島においては、朝鮮人を民族浄化している独裁者の金正恩がますます健在


発言内容朝鮮半島においては、朝鮮人を民族浄化している独裁者の金正恩がますます健在であり、朝鮮戦争も終戦の気配も見えず、日本国民としてお喜び申し上げます。 〔中略〕 "ご存知かと思いますが、在日朝鮮人の多くは特別永住資格にて日本で居住しており、「素行が善良である」「自活能力がある」「(永住資格の付与が)日本国の利益に合致すると認められる」等の要件が求められておりません。 又、犯罪に関わる退去強制においても入管特例法第22条にて特例が設けられており、実質的に犯罪を理由として強制送還が行われておりません。 この事が在日朝鮮人の犯罪率が突出して多い原因だと考えております。 よって、私の行動は、人種差別の撤廃、並びに、日本人の生命・財産を守る為に、更に日本国憲法の理念である「法の下の平等」の実現の為のものであります。 〔中略〕 貴センターでは、多文化共生、他民族共生の社会を目指しているとの事ですが、朝鮮人は朝鮮人同士で戦争を行っており、朝鮮人同士の同文化、同民族の共生すら成功しておりません。まずは、朝鮮人同士が共生出来てから、他文化、他民族である日本人との共生が可能なのか、或いは必要なのか、を模索されるべきではないでしょうか? 又、日本人との共生を求めるのであれば、最低限 ・竹島は日本国固有の領土と認め、祖国に強く抗議する事 ・在日の来歴は自由意志による渡航であり、強制連行の嘘を訂正して謝罪する事 ・いわゆる従軍慰安婦の歴史捏造を認め、ご先祖様への侮辱を真摯に反省する事 などが必要と思われますが、貴センターの見解はどうでしょうか? 以上が私の見解になりますが、ご不満であれば、一度、公開の場で話し合いの場を設けても良いと考えています。"
発言者川東大了
所属その他
所属団体維新政党・新風
発言日時2015/6/11
発言場所チーム関西 行動する保守運動
情報源チーム関西 行動する保守運動 "2015年6月12日(金) の予定 コリアNGOセンターに申し入れ書を送ります。"
掲載日時2015/6/11
掲載元URLhttp://team-kansai.sakura.ne.jp/scheduler/scheduler.cgi?mode=view&no=950
事後経過
経過情報源
経過掲載日時
経過掲載URL
補足・解説
差別対象カテゴリー: 発言年: 所属政党: 発言者: