2016年1月17日、川東大了 「前科・前歴がなく、真面目に仕事をして納税の義務を果たしている組織暴力団員が


発言内容前科・前歴がなく、真面目に仕事をして納税の義務を果たしている組織暴力団員が1人でもいるからと言って、暴力団が反社会的でない事になんてならない。そんな在日が1人でもいるからと言って在日の存在が日本にとって安全・有益になんてならない。 在日と言う存在を正当・公正に評価した結果として「こいつらは危険であり、有害である」と私は訴えている。犯罪率、生活保護率やその不正受給の疑い、反日思想や反日行動の数々、日本と相違の文化や価値観、竹島・拉致と言う侵略国家の敵国民、有事の際の破壊活動の危惧等・・ 大阪市は「特定の人種・民族の排斥はいけません」と言うが、私はその前に条件をつける。「正当な理由もなく」である。そして「危険」「有害」なモノを体内から排出しようとする正常な機能を国家は果たさなくてはならない。私達は「排外」ではなく「排害」主義者である。
発言者川東大了
所属その他
所属団体維新政党・新風
発言日時2016/1/17
発言場所Twitter
情報源Twitter
掲載日時2016/1/17
掲載元URLhttps://twitter.com/A0001595/status/688684652580569088?lang=ja
事後経過
経過情報源
経過掲載日時
経過掲載URL
補足・解説
差別対象カテゴリー: 発言年: 所属政党: 発言者: