2016年3月31日、川東大了 「北に拉致された韓国人が命がけで脱北し、韓国に戻るとそこで待っているのは


発言内容北に拉致された韓国人が命がけで脱北し、韓国に戻るとそこで待っているのは想像を絶する「差別」である。 少なからずの脱北者が「こんな事なら、北に帰りたい・・」と言い出す程・・ あの「地獄」の北朝鮮に帰りたくなるほどの「差別」があるのだ。 そして、それがあの国の「難民対策」である。 そして、在日コリアンが「祖国に帰りたい」と思う程の差別が無いのが日本である。いや、あえて言えば「差別」はあるのかもしれない。 しかし、祖国で待っている「本物の差別」に比べたら日本での差別なんか、差別の名にも値しない程度のモノでしかない。 朝鮮半島で緊張・不安が高まっているが、朝鮮戦争が再開すれば、南北双方から「大量の難民」が「差別のないパラダイス、地上の楽園である日本」を目指して来る。 「絶対に日本にだけは行きたくない」と思わせるだけの差別が必要とされているのかもしれない。 3年間で1152件ぽっちのヘイトスピーチしか起きない日本は、朝鮮難民にとって「地上の楽園」でしかある。 韓国国内で、脱北者や日本に対するヘイトスピーチが、1年間に何件発生しているのか・・・、否、ヘイトクライムが何件起きているだろうか? 「差別主義者」と呼ばれる事を恐れぬ者こそ、強き者である。
発言者川東大了
所属その他
所属団体維新政党・新風
発言日時2016/3/31
発言場所Twitter
情報源Twitter
掲載日時2016/3/31
掲載元URLhttps://twitter.com/A0001595/status/715360193236721665?lang=ja
事後経過
経過情報源
経過掲載日時
経過掲載URL
補足・解説
差別対象カテゴリー: 発言年: 所属政党: 発言者: