2011年8月9日、小野寺まさる 「実は、以下のような記述のある副教材が、多くの学校に配布されてるのです。


発言内容実は、以下のような記述のある副教材が、多くの学校に配布されてるのです。 ――「民族」による集団と、「国籍」による集団が同じだとは限らない。例えば「日本国民」といった場合、それは日本国籍を持っている人のことを指すが、決して単一民族を指すものではない。現在、日本国民には、和人、アイヌ民族、ウィルタ、在日韓国・朝鮮人、さらには世界の各地に出自を持つさまざまな民族が含まれている―― さて、この文章の中にある “在日韓国・朝鮮人” についてですが、本当に日本国民と言って良いのでしょうか。私は別に在日の方々を差別して言っている訳ではなく、これが事実か否かの話をしているのです。
発言者小野寺まさる
所属地方議員
所属団体自由民主党
発言日時2011/8/9
発言場所日記 北海道道議会議員 小野寺まさる、日本国民とは?
情報源日記 北海道道議会議員 小野寺まさる 日本国民とは?
掲載日時2011/8/9
掲載元URLhttp://www.onoderamasaru.jp/blog/%E6%97%A5%E6%9C%AC%E5%9B%BD%E6%B0%91%E3%81%A8%E3%81%AF%EF%BC%9F/
事後経過
経過情報源
経過掲載日時
経過掲載URL
補足・解説
差別対象カテゴリー: 発言年: 所属政党: 発言者: