2015年12月13日、小坪慎也 「記事の内容のように、これ〔年末調整〕は「企業内」で行われるものです。


発言内容〔2015年の税制改正で、国外の親族を扶養控除の対象とする場合は、送金書類、戸籍謄本類など一定の書類を会社に提示しなければならないということが定められたため、外国人社員の扶養控除が受けづらくなるという主張に対して〕 記事の内容のように、これ〔年末調整〕は「企業内」で行われるものです。 経理のお姉さんに(一気に税額が跳ね上がる外国人が)詰め寄った場合、正しく拒否できるでしょうか。 私は、無理だと思います。経理・庶務などは、派遣会社から来ている方もおられると思いますし、国益のためとか税収をあげるために「身体を張って」対応することが求められているわけではありません。 そのような職務を求められて採用されたわけではないし、そのような「身体を張って」動くだけの給与も得ていません。彼ら、彼女らが「うんうん」と飲んでしまったとしても、私はこれを責めることはできません。
発言者小坪慎也
所属行橋市市議会員 無所属
所属団体
発言日時2015/12/13
発言場所小坪慎也氏のHP
情報源小坪慎也氏のHP 【外国人の扶養控除】日刊SPAにて掲載
掲載日時2015/12/13
掲載元URLhttps://samurai20.jp/2015/12/gf-spa/
事後経過
経過情報源
経過掲載日時
経過掲載URL
補足・解説
差別対象カテゴリー: 発言年: 発言者: