2015年12月31日、小坪慎也 「韓国に続き、CHINA・北朝鮮・台湾も動いた。フィリピンでも同じ動きはある


発言内容〔前略 慰安婦問題日韓合意について〕韓国に続き、CHINA・北朝鮮・台湾も動いた。フィリピンでも同じ動きはあるだろう。請求権は消失していたはずだが、今回の動きをもって「求められても仕方ない」状況にある。その点は理解した上で動くほうが良いと思う。 結果的に、世界の打ち出の小槌となりつつある日本がある。 これが海外での報道を通して「外堀りを埋められた」打撃である。 韓国と違い、信頼のある日本の発言として触れられた以上、「今までの韓国の主張」が正しかったと錯覚させている状況にあり、国外においては「慰安婦という虚構は実体化」しつつある。〔後略〕
発言者小坪慎也
所属行橋市市議会員 無所属
所属団体
発言日時2015/12/31
発言場所小坪慎也氏のHP
情報源小坪慎也氏のHP 日韓合意が世界に与える影響。打ち出の小槌、日本
掲載日時2015/12/31
掲載元URLhttps://samurai20.jp/2015/12/kolie-22/
事後経過
経過情報源
経過掲載日時
経過掲載URL
補足・解説
差別対象カテゴリー: 発言年: 発言者: