1990年5月16日、小沢一郎 「踏み込む踏み込まないの問題ではなく、我々が議論することではない。天皇陛下


発言内容(天皇陛下の『お言葉』の内容は)踏み込む踏み込まないの問題ではなく、我々が議論することではない。天皇陛下は次元の違う存在だ。(過去の植民地支配や侵略戦争について)反省しているから(経済面などで)努力している。これ以上、地べたにはいつくばったり、土下座する必要があるのか。常識の線もある。それよりも、これからのことに目を向けるべきだ。天皇が政治にかかわってはいけない。天皇の名を借りて権威として使ったのが過去の歴史の過ちだ。それを繰り返してはならない。
発言者小沢一郎
所属衆議院議員 党幹事長
所属団体自由民主党
発言日時1990/5/16
発言場所朝日新聞
情報源「妄言」の原形 日本人の朝鮮観、pp.308-309 高崎宗司
掲載日時2014/12/15
掲載元URL
事後経過日韓関係がぎくしゃくしたことについて陳謝したが、6月1日の『週刊朝日』では、「天皇が『土下座する必要がない』などとは一言も言っていない」などと述べた。
経過情報源「妄言」の原形 日本人の朝鮮観、pp.308-309 高崎宗司
経過掲載日時2014/12/15
経過掲載URL
補足・解説
差別対象カテゴリー: 発言年: 所属政党: 発言者: