2015年3月25日、小坂英二 「同性愛者等の方々の存在を否定するつもりは有りません。しかし、「公」の地方


発言内容同性愛者等の方々の存在を否定するつもりは有りません。 しかし、「公」の地方自治体や政府などにおいては、家族の基本的な形である「男女の縁が深まり結婚」をすること「子を設けるかどうか、また授かるかどうかは様々な選択や可能性があるにしても、それが想定される男女の結びつき」に対して制度的な保証を付与するという形であるべきです。 様々な例外的な存在を認めない訳では有りません。しかし、「公」が保証をするのは「標準的な形」で子孫を残し繁栄をしていける可能性のある「男女の結びつきで構成される夫婦」に対してに限るべきです。 「何でも存在を認めるから、制度的保証もどのようなタイプにでも行う」というのは、一見、優しいようですが、社会の在り方を歪め、日本の繁栄の根底を壊すことに繋がると確信します。結果、不幸な社会に繋がって行きます。 これは「差別」ではなく、「当然」の区別です。合理的な理由が有るのですから。「差別」と「区別」の見分けがつけられない、トチ狂った自治体が相次いで出てこないように、しっかりと声を挙げて行きます。 古来、日本では同性愛というものは、存在し続けてきました。歴史上の人物でもそう指摘される方々が沢山います。しかし、それはいずれも、制度的な保証の上に成り立っていたという話では無いのです。今と同じように。 同性愛者の存在を否定するものでは有りません。しかし、制度上、男女の夫婦と同等の扱いをするという「公での扱いの形」にするという、日本史上でも有り得なかったことを、まともな議論もなく、軽薄な平等主義に流されて進める、そんなことは許されません。
発言者小坂英二
所属荒川区議会 日本創新党
所属団体
発言日時2015/3/25
発言場所小坂英二ブログ
情報源小坂英二ブログ 「同性カップルを夫婦と同等と認め、証明書発行」?社会を歪めるこうした動きを止めねば!
掲載日時2015/3/25
掲載元URLhttp://kosakaeiji.seesaa.net/article/416281220.html
事後経過
経過情報源
経過掲載日時
経過掲載URL
補足・解説
差別対象カテゴリー: 発言年: 発言者: