2015年8月15日、小坂英二 「そうした縦糸を根底にもつ日本を守り、その持ち味を活かしてアジアの民族自決


発言内容そうした縦糸を根底にもつ日本を守り、その持ち味を活かしてアジアの民族自決と平和をもたらすために日本が先頭に立って戦ったのが大東亜戦争です 戦闘行為には残念ながら負け、東京大虐殺、広島大虐殺、長崎大虐殺を経て降伏に至り、7年間に及ぶGHQの占領で上記の大義は歪めて世間に流布されてしまいました。その歪んだ風潮の上で利益を貪ってきたマスコミ、政治屋、官僚等による「敗戦利得構造」が長く続いてきました。(中略) 「不戦の誓い」などという、英霊に無礼な誓いなど間違ってもするべきでは有りません。日本を守る為に戦った方々の御前で「平和大好き。俺は戦わないよ~。」と腰抜けの宣言をするのが正しいでしょうか?また、それで平和が守れるのでしょうか? 大東亜戦争はアジア地域を見ても独立国は日本とタイ王国のみ、他は全て白人支配の植民地。そうした中で、実質的に黄色人種最後の砦となった日本を白人世界支配体制の継続の為に徹底的につぶそうとした動きに対して、戦わざるを得なかったのです。その大局観を忘れてはならないと思います。
発言者小坂英二
所属荒川区議会 日本創新党
所属団体
発言日時2015/8/15
発言場所小坂英二ブログ
情報源小坂英二ブログ 大東亜戦争停戦から70年の日に。卑怯な「不戦の誓い」ではなく、「大切なものは戦ってでも守る」覚悟を誓いました。
掲載日時2015/8/15
掲載元URLhttp://kosakaeiji.seesaa.net/article/436543605.html
事後経過
経過情報源
経過掲載日時
経過掲載URL
補足・解説
差別対象カテゴリー: 発言年: 発言者: