1997年12月23日、狩野安 「自国の悪事を事細かに書いてある教科書が、どこの国にあるか。過去に悪事の無い国


発言内容自国の悪事を事細かに書いてある教科書が、どこの国にあるか。過去に悪事の無い国などあるのだろうか。日本人としての伝統と誇りを大切にしながら、将来の日本のあり方と世界との関わり方を考えて行くことが「反省」であり、「償い」であり、「謝罪」となるのではないだろうか。最後に、たとえ間違った政策によってなされた戦争であったにせよ、日本の国の為と信じて身を投じられた人達を、なぜ素直に祀ることができないのか。
発言者狩野安
所属参議院議員
所属団体自由民主党
発言日時1997/12/23
発言場所日本の前途と歴史教育を考える若手議員の会
情報源歴史教科書への疑問―若手国会議員による歴史教科書問題の総括 p.462
掲載日時1997/12/23
掲載元URL
事後経過
経過情報源
経過掲載日時
経過掲載URL
補足・解説
差別対象カテゴリー: 発言年: 所属政党: 発言者: