2005年10月4日、山谷えり子 「男女共同参画社会基本法の行動計画である基本計画(2006年)に向けて、自民


発言内容男女共同参画社会基本法の行動計画である基本計画(2006年)に向けて、自民党が立ち上げた「影lきな性教育・ジェンダーフリー教育実態調査プロジェクチーム」(安倍晋三座長)の事務局長として、「ジェンダーの定義は人によって違い、混乱を招く未熟な言葉だ。しかも、ジェンダー論は男らしさや女らしさを否定し、過激な性教育や家族軽視、行き過ぎた個人主義などを引き起こしている。こうした言葉は使うべきではない」と話した。
発言者山谷えり子
所属参議院議員
所属団体自由民主党
発言日時2005/10/4
発言場所朝日新聞
情報源朝日新聞 「ジェンダー」残す?削る?用語や表現めぐり論争 男女共同参画計画の改訂
掲載日時2005/10/4
掲載元URL
事後経過
経過情報源
経過掲載日時
経過掲載URL
補足・解説
差別対象カテゴリー: 発言年: 所属政党: 発言者: