1997年12月23日、熊谷市雄 「先ず第一に、慰安婦の問題は、日韓両国間に内在する国民感情が、その背景にあ


発言内容先ず第一に、慰安婦の問題は、日韓両国間に内在する国民感情が、その背景にあるということだ。彼等は歴史上、文化の面では韓民族が優れたものを持っているという優越感を持っている。それが、野蛮的日本人の「刀の文化」によって、民族の誇りを踏みにじられたとし、その事に対する反日思想が根底にあって、その一つのケースが、慰安婦問題として引き出されたと見るべきである。次に我が国にも、反戦平和運動にみられる思想集団が健在し、日本という国が悪ければ悪い程好都合だとする立場の人達が、慰安婦問題に便乗し、事実関係を歪曲しながら文献を捏造し、輿論を誘発し、揚げ句の果てには政治家をトリコにしながら、虚構の上に新事実として構成するといった、高度な手法でこの問題がお膳立てされたのである。
発言者熊谷市雄
所属衆議院議員
所属団体自由民主党
発言日時1997/12/23
発言場所日本の前途と歴史教育を考える若手議員の会
情報源歴史教科書への疑問―若手国会議員による歴史教科書問題の総括 pp.463-464
掲載日時1997/12/23
掲載元URL
事後経過
経過情報源
経過掲載日時
経過掲載URL
補足・解説
差別対象カテゴリー: 発言年: 所属政党: 発言者: