2016年4月27日、宮崎政久 「(日本人に)沖縄県民が先住民族だと思っている人はいない。誠に失礼な話だ。


発言内容〔2014年9月の国連の人種差別撤廃委員会の沖縄の住民を「先住民族」と承認するよう日本政府に検討を求めた見解に対して〕 「(日本人に)沖縄県民が先住民族だと思っている人はいない。誠に失礼な話だ。民族分断工作と言ってもよい。放置しないでほしい」 〔2014年8月の自由権規約委の、「コミュニティーの伝統的な土地や天然資源に対する権利を十分保障するためのさらなる措置をとるべきだ」という見解について〕 「尖閣諸島(沖縄県石垣市)を含む沖縄の土地や天然資源が、どこに帰属するのかを問題にされかねない。沖縄は尖閣諸島を含めて日本の国土だ」
発言者宮崎政久
所属衆議院議員
所属団体自由民主党
発言日時2016/4/27
発言場所自民党内での自民党国際情報検討委員会などの合同会議
情報源産経ニュース 国連見解「沖縄の人々は先住民族」に自民議員が猛反発「民族分断工作だ」 政府も「撤回働きかける」
掲載日時2016/4/27
掲載元URLhttp://www.sankei.com/politics/news/160427/plt1604270021-n1.html
事後経過
経過情報源
経過掲載日時
経過掲載URL
補足・解説
差別対象カテゴリー: 発言年: 所属政党: 発言者: