2007年6月30日、久間章生 「(原爆で)本当に無数の人が悲惨な目に遭ったが、あれで戦争が終わったんだという


発言内容(米国は)日本が負けると分かっているのに、あえて原子爆弾を広島と長崎に落とした。そこまでやったら日本も降参し、ソ連の参戦を止めることができるということだった」 「(原爆で)本当に無数の人が悲惨な目に遭ったが、あれで戦争が終わったんだという頭の整理で今しょうがないなと思っている」
発言者久間章生
所属衆議院議員 防衛大臣
所属団体自由民主党
発言日時2007/6/30
発言場所千葉県柏市内での講演
情報源しんぶん赤旗 "原爆投下「しょうがない」久間防衛相が暴言"
掲載日時2007/7/1
掲載元URLhttp://www.jcp.or.jp/akahata/aik07/2007-07-01/2007070101_03_0.html
事後経過被爆者団体などからの抗議を受け、防衛大臣を辞職。 記者会見で「きょう長崎の市長と会った。長崎の皆さんにも大変ご迷惑をかけた。私が思ったのと違った形で(発言が)伝えられて、理解を得られていないということで、ここでけじめをつけようということを首相に伝えた」と語った。
経過情報源YOMIURI ONLINE 久間防衛相が辞任、「原爆発言」で引責
経過掲載日時2007/7/3
経過掲載URLhttp://www.yomiuri.co.jp/election/sangiin2007/news/20070703it05.htm
補足・解説
差別対象カテゴリー: 発言年: 所属政党: 発言者: