2015年7月16日、稲田朋美 「明治日本の産業革命遺産」の世界文化遺産登録をめぐり、お隣の韓国が言いがかり


発言内容「明治日本の産業革命遺産」の世界文化遺産登録をめぐり、お隣の韓国が言いがかりともいえる主張を繰り広げている。世界遺産委員会で日本政府が述べた「forced to work(働かされた)」という表現を根拠に、「遺産に登録された施設で朝鮮半島出身者が強制されて労役をした、と日本政府が認めた」という誤った情報を国際社会に喧伝しようとしているのだ。 「forced~」という表現は、戦時中の国民徴用令に基づく「徴用」が「対象者の意思に反していたケースもあった」ということを意味する。「徴用」は合法的な勤労動員であり、当然ながら、朝鮮半島出身者だけでなく日本人も対象とされた。国際労働機関(ILO)の条約で禁じられている「強制労働」とは本質的に異なる。 にもかかわらず、韓国側は勝手な解釈を世界に広めようとしているわけだが、この構図は慰安婦問題の経緯と酷似している。 韓国による情報発信の結果、米国などでは、「日本が20万人の若い女性を性奴隷にした」といった客観的事実に基づかない情報が浸透してしまっている。日本側の反論が不十分だったことが、一方的な言い分の流布を許した一因であることは否定できない。 慰安婦制度が女性の尊厳を傷つける深刻な人権侵害であることは言うまでもないが、いわれなき批判に対しては反論を重ねていかなければならない。今回の世界文化遺産の件も同様である。「徴用=強制労働」という誤った認識が国際社会に広まらないよう、日本政府の公式見解を英文でペーパーにまとめるなどして、積極的に発信する必要があろう。慰安婦問題での過ちを繰り返すべきではない。
発言者稲田朋美
所属衆議院議員 内閣府特命担当大臣 国家公務員制度担当大臣
所属団体自由民主党
発言日時2015/7/16
発言場所夕刊フジの連載
情報源夕刊フジ 【伝統と創造】隣国の「徴用=強制労働」流布を許してはいけない 「慰安婦」教訓に
掲載日時2015/7/16
掲載元URLhttp://www.zakzak.co.jp/society/politics/news/20150716/plt1507161550002-n1.htm
事後経過
経過情報源
経過掲載日時
経過掲載URL
補足・解説
差別対象カテゴリー: 発言年: 所属政党: 発言者: